最低限の努力で30代年収1000万へ到達する方法

30代で年収1000万… 同世代の中で上位1%に君臨する人々。
でもその道は決して遠くありません。
特別な才能や圧倒的な努力も運も必要ありません。
このブログで、実現までのエッセンスを書きたいと思います。

2015年01月10日

【はじめに】30代で年収1000万は誰にでも狙える!

・・・いきなり挑戦的なタイトルで申し訳ありませんが、これが本音です。

私は自分で言うのも何ですが、本当に特段の才能もなく、一応大学も出ましたが
2年生の時バイトし過ぎて8単位しか取れず、4年生まで苦しみながらコピペを
駆使して卒業したタワケです。

大学時代もインターンとかそんなかっこいいものも知らず、バイトもビデオ屋店員で
別にリーダーシップがあるわけでもなく、先輩に言われた通りに作業をするだけでした。

正直大学時代に学んだ?ことはほとんど忘れてしまい、親に申し訳ない気持ちです。

社会人になって、当時需要があったIT業界に入りましたが、28-9歳位までは
努力が続かない性格のせいで、資格は受からない、理解が遅い、反省をしない
という典型的なダメSEでした。

関係ありませんが、女性にもさっぱりモテませんでした(まあ今でもモテませんが)。

ただこの後、私は37歳で年収1000万を超えました。

年収は副業込みや自営業ではありません。ただのサラリーマンとしての給料です。

職種は営業ではなく内勤です。変動は少ないです。

ちなみに私は所謂氷河期世代で、求人倍率が1倍を切った2000年入社組です。
バブルにはかすりもしていません。

何か色々なサイトを読む限りでは、30代で1000万以上は同年代内の上位1%
なるようです。

大学受験に例えると、上位の旧帝・国立クラスらしいです。受験なら10年かかっても
合格は無理でしょう。

それではある時突然、努力をするように意識改革をして給料が上がったのか?
いいえ。所詮人間の素養なんて一生変わらないので、私に何か変革が起きた
わけでもありません。

結論を申し上げますと、偶然こうなった、というのが正直なところです。

しかしながら、決して運ではありません。何故ならば、後から振り返り考えると
こういった過程を自分で意識的に行うことは可能だからです。
そして、これからの10年も私はこの意識を持って給料を上げるための活動を
行うつもりです。

次章からは、この「給料を上げるため意識的に行う活動」を説明したいと思います。
くどいようですが、才能や人並み外れた努力は必要ありません。

必要なのは「給料を上げるための意識的な活動」だけです




人の価値は、人が決める。
posted by リーマンA at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。